• 愛研の理念
  • 業務内容
  • 愛研技術通信
  • 特集
  • お見積もり依頼/お問い合わせ
ホーム > 各種調査測定

各種調査測定

環境測定分析 環境衛生管理

室内空気中化学物質

室内空気中化学物質

平成12年6月より、厚生省(現 厚生労働省)が、いわゆるシックハウス症候群に関し、室内空気中化学物質濃度の指針値を順次設定しており、現在も個別の化学物質について指針値策定が進められています。

土壌汚染状況調査

土壌汚染状況調査

土壌汚染対策法は平成22年4月に改訂され、法律や条例に基づく調査義務が発生する機会が増えると共に、調査計画の立案において配慮すべきポイントが相当増えました。また汚染土の掘削除去が困難になり管理の工夫が求められます。
※土壌汚染調査についての愛研の考え方についてはこちら
※環境省「情報開示に関するガイドライン」に基づく情報開示はこちら

アスベスト調査

アスベスト調査

事業者は、建築物、工作物、船舶の解体、改築、補修等の作業を行うにあたっては、事前にアスベストの有無を調査し、関係各省庁への届出が必要となります。調査の結果、石綿含有が判明した場合、さまざまな措置が必要になります。

環境負荷物質SOC調査

環境負荷物質SOC調査

近年の経済産業を支えている業種といえば、自動車産業があります。しかし、自動車に使われる部品や塗装には、耐久性や防腐性を保つため、有害物質が多く使われるようになりました。そこでEU諸国では、2003年7月にELV指令(廃自動車指令)が施行され、対象となる自動車・部品・材料等の中にカドミウム・鉛・水銀・六価クロムの4物質を非含有にしなければEU加盟国に輸出することが出来なくなる仕組みを作りました。

遮音性能調査

遮音性能調査

近年、高層ビル・マンションが増加し、住居間での騒音環境問題として、上下階の落下物・足音・隣戸間のオーディオ音・外からのトラック(車・列車)の音・工場・夜間飲食店等、日常生活する上での様々な問題が発生しています。

焼却炉解体に伴うダイオキシン類調査

焼却炉解体に伴うダイオキシン類調査

焼却炉を解体する際には、厚生労働省の通達(平成13年4月25日基発第402号の2等)により、ダイオキシン類ばく露防止対策の実施が義務付けられています。

お客様窓口はこちら

お電話でのお問い合わせ 052-771-2717

受付時間 平日8:30~17:30
※上記時間外は留守番電話にて承っております。
受付時間は変更になる可能性があります。

FAXでのお問い合わせ 052-771-2641

受付時間 24時間対応
※お客さまのお名前、電話番号、FAX番号を
ご明記ください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
Adobe Reader ダウンロード
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Copyright © 2010 AIKEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.