• 愛研の理念
  • 業務内容
  • 愛研技術通信
  • 特集
  • お見積もり依頼/お問い合わせ
ホーム > トピックス

トピックス

 弊社が行っている地域のNPO法人「心豊かにARD(あるど)の会」様と協働での環境保全活動が、愛知県の「環境分野における企業の社会貢献活動ウェブサイト」に掲載されました(報道発表はこちら)。また「先進的、特徴的な取組事例」としても取り上げて頂きました。取材を受ける過程で理由をお聞きしたところ、一般には植林・植樹・清掃という事例が比較的多い中で水環境保全という取り組み分野に特徴があること、企業規模が大きくなくても取り組んでいること、地域のNPOとの継続的でしっかりとした協働となっていること、等が理由とのことでした。取材を受ける中で説明しましたように、この社会貢献活動は環境の価値について認識が高まる中で、社会に必要とされる存在でありたいという思いを強く持っている弊社として、環境調査という弊社の事業内容を積極的に活かして社会貢献を行いたいというごく自然な動機から始まったもので、何ら特別なものではありませんでしたが、このように「先進的・特徴的」との評価を外部から頂くことになったことについて、大いに励みにさせて頂きますとともに、協働相手であるNPO法人様をはじめとする関係各位の皆様に改めて厚く御礼申し上げます。弊社としましては、これからも地域社会にとって必要とされる存在であるべく努力を続ける所存ですので、これからも変わらぬ皆様のご理解とご支援のほどを、何卒よろしくお願い申し上げます。
初出掲載日:平成22年12月13日・トップページ追加掲載:平成23年3月25日・移行:同年10月14日
 このたび、弊社取締役である田中庸央が、「水環境行政50年記念水環境保全功労者」として環境大臣表彰を受けました(環境省報道発表はこちら)。この表彰は、水環境行政50年を記念して、水環境行政の推進に特に顕著な功績のあった者を表彰するもので、田中は前職である愛知県環境調査センターでの水環境関係での調査・研究に係る多くの功績が認められ、表彰されました。弊社は、かつて技術的な面での充実を目指して技術顧問として田中を迎え入れましたが、弊社においても多方面での功績が著しいことから、取締役としての就任を要請し受諾されました。その後現在に至るまで、田中は弊社の経営陣の重要な一翼を担っております。田中によれば、弊社の課題は極めて多いということで、お客様にとっても至らぬところがまだまだ存在するかとは存じますが、弊社としましては、田中のような得難い人材がいることを励みに、お客様と社会の期待に応えるべく改善の取組みを一層推進する所存ですので、これからも変わらぬ皆様のご理解とご支援のほどを、何卒よろしくお願い申し上げます。
掲載日:平成21年4月2日
 このたび、弊社は平成21年1月9日に開催されましたJCLAの認定委員会において審査結果に基づく認定授与が認められ、ISO/IEC17025に基づく試験所認定を取得しました(上水分野;ふっ素及びその化合物、塩化物イオン、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、陰イオン界面活性剤)。認定の範囲は弊社で実施している試験のごく一部ですが、今回、私達にとって価値があることは、全社全業務統一のマネジメントシステムに基づいて行っている活動について審査して頂けたことでした(詳細はこちら)。審査の中では多くの指摘を頂き、ISO/IEC17025要求事項の解釈の誤りや、外部から見て(おそらく社内的にも)わかりにくかった部分を修正すると共に、最も重要なことは、私達が最重要課題として取り組んでいる「不適合管理」と「是正処置」について、考え方を抜本的に改めることができたことでした。すなわち、私達が日常取り組んでいる「不適合管理」の多くは「是正処置」そのものであるということを再認識し、概念と手順をより合理的に整理し発展させることができました。私達は、今回の認定取得を機会に、顧客の皆様により一層ご満足頂けますよう全業務範囲における改善を推進する方針であることをここにお知らせすると共に、このたびの審査において大変有用なご指摘を数多く頂きましたJCLA審査チームの皆様に、心から御礼を申し上げます。(文責 企画推進室 大屋)
掲載日:平成21年1月20日
Adobe Reader ダウンロード
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Copyright © 2010 AIKEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.